長年にわたり暴力団犯罪捜査に優れた手腕を発揮したとして、青森警察署組織犯罪対策係長の里村正勝警部補(57)が警察庁の2019年全国優秀警察職員に選ばれた。6日、重松弘教県警本部長に受章を報告し「これからも暴力団の壊滅に向けて頑張りたい」と意気込んだ。
 表彰は全国の警察官が対象で、今回は95人が選ばれ、警察功労章が授与された。県内での受章者は1976年から数えて44人目。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。