鯵ケ沢町から世界自然遺産の白神山地へ向かうルートで、土砂崩落のため2015年2月以降、約14キロが通行止めとなっている町道赤石渓流線(総延長15・6キロ)について、町は8日、崩落地点を迂回(うかい)する県代行の新道整備工事が今夏に終了することなどから、8月ごろに全線を開通させる方針を明らかにした。約4年半ぶりの通行再開となり、町内観光施設入り込み数の回復などに期待が掛かる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。