鶴田町は8日、廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)(通称・津軽富士見湖)に架かる「鶴の舞橋」周辺に観光施設を新設する方針を明らかにした。誘客促進を目指したもので、2020年度の供用開始を目指す。国の今年度の「地方創生拠点整備交付金」対象事業に採択され、事業費の半分が補助される。
 町によると、舞橋周辺には売店はあるが、通年で食事を提供できる施設などがない。そこでフードコートや土産販売施設を併設した施設を新たに整備し、観光客の滞在時間を増やすことなどを狙う。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。