2019年度県立高校入学者選抜試験が8日、県内の全日制54校、定時制9校で一斉に行われた。受験生約8800人が志望校合格を目指し、筆記や面接試験などに臨んだ。合格発表は14日午前9時から各校で行うほか、同9時15分から午後4時まで、各校のホームページで公開する予定。
 学力試験は午前8時45分から、国語、英語、数学、社会、理科の順で実施。終了後は面接試験などが行われた。県教委によると、各校からトラブルの報告はなく、試験は予定通り行われた。
 再募集の募集人員などは14日に発表。試験は19日に行う。
【写真説明】国語の問題用紙が配られるのを待つ受験生=8日午前8時40分ごろ、弘前高校

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。