みちのく銀行(藤澤貴之頭取)は7日、青森市で2019年度の入行式を行った。新入行員50人が辞令を受け取り、気持ちを新たに、社会人としての第一歩を踏み出した。
 19年度の新入行員は男性16人、女性34人。藤澤頭取は一人ひとりに辞令を手渡し、同行の強みや企業理念を説明して「アグレッシブに新たなことに挑戦
し続けて。一緒にふるさとを元気にするため、情熱を持って頑張っていこう」と激励した。
 新入行員を代表し、弘前営業部に配属される中畑かれんさん(22)=平川市出身=が「何事にも全力でぶつかっていき、チャレンジすることで成長し、ふるさととみちのく銀行の発展に貢献したい」と力強く誓った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。