県産業技術センター畜産研究所(野辺地町)は6日、人間の不妊治療にも使われる体外受精の技術「顕微授精」と受精卵を二つにできる技術「割球分離」を組み合わせ、一卵性の双子の子牛を誕生させることに成功したと発表した。それぞれの技術で子牛を誕生させた成功事例は他県にもあるが、二つの技術を組み合わせた子牛誕生は国内の研究機関で初めて。
 顕微授精は、顕微鏡で確認しながら精子が入ったガラス針を卵子に直接入れて受精させる技術。割球分離は、受精後の最初の細胞分裂で二つの細胞になるところを分離し、代理母の牛に移植させて一卵性の双子牛を誕生させる技術。畜産研は過去にそれぞれの技術で子牛を誕生させている。
 畜産研によると、子牛生産の研究に顕微授精を使う研究機関が全国で少ないため、二つの技術を組み合わせた子牛生産の研究は前例がないという。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。