三内丸山遺跡発掘調査委員会は6日、青森市の縄文時遊館で今年度3回目の会議を開いた。発掘調査の結果、昨年度までに確認された沢跡は幅約3~3・5メートル、長さ約25メートルだったことが判明した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。