黒石観光協会は、例年5月上旬まで開催していた黒石さくらまつりの会期を、今年から4月末までに短縮することを決めた。近年、温暖化による早咲き傾向にあり、5月には葉桜となる年が続いているため。遅咲きの場合はライトアップや露店の期間延長などを検討する。これにより今年の会期は4月20~30日の11日間となる。
 同協会によると、祭り会場である東公園さくら山は過去5年間、4月20日前後に開花し、5月に入ると葉桜となる傾向が続いている。人出も花の見頃に合わせて4月に集中、5月には、まばらな状況になるという。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。