2月の県内は高気圧と低気圧、前線の影響を交互に受け、上旬から中旬にかけて天気が周期的に変わった。上旬は気温が平年並みか平年より低く、強い寒気の影響を受けて県内全域で平年を大きく下回る厳しい寒さに見舞われた日もあった。下旬は一転して寒気が弱まり、気温が平年を上回る地域が多かった。月全体の降雪量は県内全域で少なく、弘前では観測史上最少を記録した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。