「耳の日」に制定されている3日、弘前市聴覚障害者協会(岩川智治会長)が同市のヒロロ3階で「第20回みみの日ふれあいデー」を開いた。手話コーラスや手話劇などを披露し、聴覚障害への理解を呼び掛けた。
 催しは耳の日に毎年開催。今年は聴覚障害と手話を市民により広く知ってもらおうと、初めてヒロロで開いた。
【写真説明】手話コーラスを披露する協会員ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。