2019年度から「柴田学園高等学校」として男女共学化する弘前市の柴田女子高校(中村光宏校長)で3日、卒業式が行われた。女子高校として最後の卒業生となった3年生97人は、約1世紀にわたる女子教育の伝統や母校での思い出を胸に刻み、通い慣れた学びやを巣立った。
 この日の卒業式をもって同校の卒業生(1948~2018年度)は2万1219人となった。
【写真説明】97人が巣立った柴田女子高校最後の卒業式

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。