県議会定例会は4日、夏堀浩一(自民)、古村一雄(無所属)、寺田達也(自民)、森内之保留(同)の4氏が一般質問を行った。三村申吾知事ら理事者側は、犯罪被害者等支援の充実に向け、被害者らを地域で支える態勢の検討に要する経費を2019年度当初予算案に計上しており、その中で条例の制定も含めて検討していく―などと答弁した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。