弘前市生まれの劇作家で歌人としての評価も高い寺山修司の短歌と俳句を、弘南鉄道大鰐線全車両内に展示し運行する「寺山修司列車が走る」(弘前シェークスピア上演会主催)が、1日から始まる。企画した弘前学院大学社会福祉学研究科長・社会福祉学部長の石田和男さんは「列車は寺山にとってポジティブなモチーフ。気軽に鑑賞して、心に残った作品を一つでも覚えてもらえたら」と話した。7日まで。
【写真説明】寺山の作品が展示された車両

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。