五所川原市の佐々木孝昌市長は、公約に掲げていた今年10月からの小中学生の給食費完全無償化について、財源の確保が難しいことから完全無償化を見送り、一人当たり4分の1を補助することとして2019年度一般会計当初予算案に関連経費を盛り込んだ。佐々木市長は25日の記者会見で「公約を破る形になり市民には申し訳ない。任期中には完全無償化を目指す」と述べた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。