平川市猿賀にある猿賀山神宮寺(池田浩道住職)の山門には、金剛力士像(仁王像)にちなんで奉納された長さ約2・5メートルの巨大わらじが2足掛けられている。そのわらじが古くなったため、地元の有志らによる「猿賀山神宮寺大わらじ会」が10日、新しいわらじを奉納した。掛け替えは12年ぶりのことで、会員が一から作ったわらじが山門に掛けられると、関係者らは喜びの表情を浮かべた。
【写真説明】神宮寺の山門に掛け替えられた巨大わらじ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。