つがる市富萢町清水に設置されている小型風力発電機のブレード(羽根)が落下しているのが24日、見つかった。けが人はいなかった。発電事業を進めている大阪府の電気設備関係会社によると、落下の原因は現在調査中だが、現場は民家に近く、風の強い地域ということもあり、周辺住民は不安を募らせている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。