平川市の「今井産業」(今井公文代表取締役社長)が開発し、弘前市の「ランバーテック工業」(奥山悟代表取締役)とともに製造している薄型木材による波形ボードが、活用の場を広げている。自然派志向やエコロジー意識の高まりを受け、首都圏企業などが注目。さまざまな業界で取り扱いが始まっているが、県内での取り扱いはまだ少ない。今井社長は「今後は県内での取り扱いを広げたい」と意欲を示す。
【写真説明】県外企業とのコラボレーションにより生まれた、波形ボードを使った試作品など

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。