昨年12月27~29日に札幌ドームで開かれたプロ野球12球団主催の少年野球大会「NPB12球団ジュニアトーナメント2018」で、楽天イーグルスジュニアが12年ぶり2度目の頂点に立った。本県からチームに選抜され、優勝に貢献した黒石東浅瀬石クラブの山田雄大選手(12)=黒石東小学校6年=と、弘前レッドデビルズの工藤龍右選手(12)=致遠小学校6年=が11日、結果報告のため弘前市役所に櫻田宏市長を訪ね、「この経験をシニアや甲子園、プロ野球につなげたい」とさらなる飛躍を誓った。
【写真説明】櫻田市長(中央)に優勝を報告した山田選手(左)と工藤選手

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。