北海道新幹線の青函共用走行区間の高速走行問題について、県議会新幹線・鉄道問題対策特別委員会は11日、北海道七飯町の函館新幹線総合車両所で現場調査を行った。青函トンネル内での時速200キロ以上の高速走行に向け、初公開された開発中の高速確認車を視察したほか、国に対し高速化の着実な実施を求めた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。