県内で創業する人が増加傾向にある。2017年度の創業者数は過去最高の129人、今年度も100人を超えるペースで推移している。中でも顕著な実績を挙げているのが、弘前市の「ひろさきビジネス支援センター」だ。14年度以降、毎年20人以上が同センターの支援を受けて創業している。同センターで創業希望者をサポートしているIM(インキュベーション・マネジャー)の石川悟さんは今年度、シニアIMの資格を取得。19年度について「創業支援が手厚くなり、関心を持つ人が増えてきた。今後、創業はもっと増えるのでは」と予想している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。