12月の弘前市は平均気温は平年並みだったが、降水量は観測史上最多の222・0ミリを記録。降雪量も平年より多く、天候の変動が大きい1カ月だった。県全体では4日に全域で記録的な暖かさとなり、同市を含む県内11の観測地点で12月の観測史上最高気温を更新。一方で上旬後半から中旬前半にかけてと下旬後半は強い冬型の気圧配置の影響で低温が続き、津軽を中心に雪の降る日が多かった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。