県は悩みを抱える若者に寄り添おうと、無料通信アプリ「LINE(ライン)」に7日から20日間の期間限定で相談窓口を開設する。アカウント名は「ひとりじゃないよ@青森県」で、人間関係や学校生活などの相談を受け付け、会員制交流サイト(SNS)での対応研修を受けた専門の相談員が応じる。
 県内の中高生や大学生らが対象。県は学校などを通じて、登録用QRコードが印刷されたカードを配布。スマートフォンでQRコードを読み込んだ後にトーク機能を使って悩みを伝えると、相談員と1対1でやりとりできる。開設期間は冬休み明け前後になる7~26日で、午後6時から同9時(最終受け付け同8時30分)まで受け付ける。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。