ドイツ発祥の冬の祭りを青森に取り入れたイベント「クリスマスマーケットinアスパム」(15~25日)の初開催を前に14日、前夜祭が青森市の県観光物産館アスパムで行われた。雪がちらつく中、リンゴの装飾でおめかししたクリスマスツリー(高さ約10メートル)に光がともされ、山小屋風のヒュッテでのホットワイン販売など、来場者が幻想的な冬のひとときに酔いしれた。
 期間中は音楽イベントやワークショップなどが多彩に展開されるほか、Wi-Fi自動接続アプリ「タウンWiFi」や、スマートフォン決済アプリ「オリガミペイ」の連携によるイベント限定クーポン(割引上限額1000円)も取得し、ヒュッテなどで利用できる。
【写真説明】点灯式では高さ約10メートルのツリーに明かりがともされ、来場者がクリスマスマーケット開幕を祝った

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。