西目屋村が今年度の成人式の開催を見合わせることが14日、村教育委員会への取材で分かった。例年夏に式を実施している村は、今年も8月11日に式を行う予定だったが新成人たちの都合が付かず一度延期。正月前後に再度日程調整を試みたが、出席できる新成人が数人だったため、やむなく断念した。村教委によると、成人式を実施しないのは初めて。
 村は新成人が21歳になる年の夏に成人式を行っている。村教委は10月下旬から11月中旬にかけて、今年度の新成人13人(男6人、女7人)に日程についてアンケートを実施した。
 12月中旬から1月中で都合の良い日を尋ねたが、約8割が「どの日も都合が付かない」と回答したという。この状況を12月中旬の村議会定例会前後に関和典村長や村議に説明。見合わせざるを得ないとして、開催しないことを決めた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。