日本政策金融公庫は、宿泊業でのインバウンド対応をスムーズに行うためのポイントをまとめた手引書「外国人客おもてなしガイドブック」や「指差しコミュニケーションツール」など3種類の支援ツールを作成した。13日には同公庫青森支店が県旅館ホテル生活衛生同業組合(中山大輔理事長)に支援ツール各250部ずつを贈呈し、接客での有効活用を呼び掛けた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。