「もったいない!料理は食べきる強化月間」(12、1月)として県と「もったいない・あおもり県民運動推進会議」は宴会の乾杯後の30分間とお開き前の10分間を自席で料理を食べる時間に充て、食品ロス削減を目指す「3010運動」の実践を呼び掛けている。
 啓発ポスター2100枚、パンフレット2万9000枚、テーブルの上に掲示するテーブルトップ5600枚を制作。宴会時の取り組みのほか、家庭での食材使い切りや生ごみの水切りについても掲載した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。