つがる市木造の津軽亀ケ岡焼しきろ庵(あん)内のギャラリーで、恒例の「干支(えと)展」が開かれている。亀ケ岡石器時代遺跡にまつわる作品が多い同庵ならではの「縄文らしさ」があふれるイノシシのオブジェが人気を集めている。9日まで。
【写真説明】「縄文らしさ」があふれる来年の干支のオブジェを展示・販売している会場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。