県が設置した県発達障害者支援センターが県内3カ所体制となり2年余り。2017年度に受け付けた相談件数は4381件で、1カ所体制だった15年度に比べ4倍以上に増加した。発達障害は乳幼児期からの支援が重要で、県は早期発見に向け家族や関係者に対し「気になる場合は気軽に相談を」とセンターの活用を呼び掛けている。
 県は05年12月、青森市にセンター「ステップ」を設置。16年4月には五所川原市に「わかば」、同9月に八戸市に「ドアーズ」を置き、計3施設に増設した。
 センターでは、発達障害児・者や家族らから日常生活、就労、障害福祉サービス制度など多様な相談に応じているほか、発達を支援する関係機関や就労先へのサポート、発達障害の普及啓発・各種研修などを行っている。問い合わせは、津軽地域はわかば(電話0173―26―5254)、東青・下北地域はステップ(電話017―777―8201)へ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。