田中稔稲作顕彰会(佐山孝文会長)は12日、本県稲作の発展に功績があった個人や団体を表彰する田中稔賞の今年度受賞者に、五所川原市相内の秋田谷ファーム(秋田谷和智代表取締役)が決定したと発表した。親子2代による水田経営の確立と、水稲と大豆の複合経営による経営リスク管理の実践が評価された。贈呈式は12月20日に青森市で行われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。