全国唯一の「りんご科」がある、藤崎町の弘前実業高校藤崎校舎が来年3月末で閉校を迎える。70年の歴史に幕を下ろす学びの庭を忘れないでほしい―。閉校事業の一つとして、同校舎の果樹園で見つかったリンゴ晩生種「ふじ」の着色系枝変わり品種を、農林水産省に品種登録出願中だ。その名も「藤巧者(ふじこうしゃ)」。通常のふじより赤く色づくリンゴが「藤高(ふじこう)」「藤校舎(ふじこうしゃ)」などと呼ばれ、地域に愛される学びやの存在を後世に伝える。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。