カヌーを通じた地域振興に力を入れる西目屋村が、2020年の東京五輪カヌースラローム競技に出場するイタリア代表チームの事前合宿地に決まり、村とイタリアカヌー連盟スラローム代表チームが8日、協定を締結した。村は「大変光栄なこと」と喜び、代表チーム関係者は地域の子どもたちとの交流を含め「豊かな時間を村で持てることを誇りに思う」と期待を寄せた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。