JFL昇格を懸け、いざ決戦の舞台へ―。弘前市の社会人サッカーチーム・ブランデュー弘前FCは8日、初出場となる全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)の開幕を目前に控え、同市運動公園で最終調整を行った。選手たちはミニゲームを中心に軽く汗を流し、パスワークなどを確認。濱中大主将は「まずは決勝ラウンド進出を目指し、津軽のために全力で頑張りたい」と闘志を燃やした。
 ブランデューは今季、所属する東北社会人リーグ1部を17勝1分けで終え、4季目にして念願の初優勝を遂げ地域CLに進出。9~11日、函館市の千代台公園陸上競技場で1グループ4チームによる1次ラウンドを行い、9日午後1時半から高知ユナイテッドSC(四国サッカーリーグ1位)との初戦に臨む。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。