果物のような甘みで知られる深浦町の代表的特産物「ふかうら雪人参(にんじん)」の名称が10月中旬、特許庁で商標登録された。地域名を冠した一般名称の商標登録は非常に困難とされる中での実現に、関係者からは「全国的に知名度が高くなったことを国が認めた証し」と喜びの声が上がった。商標権を取得した同町の農事組合法人「舮作興農組合」の坂本正人代表理事は7日、町役場に吉田満町長を訪ねて登録を報告、さらに生産・販売に力を入れる意向を示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。