中泊町のメバルを使ったグルメシリーズを開発する中泊メバル料理推進協議会が17日、シリーズ第4弾となるご当地みやげ「中泊メバルせんべい」を発売する。15日は開発関係者が県庁を訪れ、三村申吾知事に商品をPRした。
 メバルせんべいはしょうゆ味と塩味の2種類がそれぞれ5枚入り「津軽海峡メバル」の粉末や県産つがるロマンが使われており、約1年の開発期間を経て完成にこぎ着けた。
 同商品は1箱880円(税込み)。同町の直売所など5店舗で販売される。問い合わせは同協議会(中泊町商工観光課、電話0173―57―2111)へ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。