県は11日、2019年度当初予算の編成方針を各部局に通達した。次期県基本計画(計画期間19~23年度)の初年度は、新たな戦略プロジェクトに基づく、取り組みの重点化の徹底が基本方針。基本計画の重点枠事業費は引き続き予算要求枠30億円を確保し、事業見直しにより捻出する4億円程度の加算を図るほか、3年連続となる収支均衡を目指す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。