浅瀬石川ダム管理30周年記念シンポジウムが11日、黒石市の津軽伝承工芸館で開かれた。「水が結び、育む人と地域~津軽の水の可能性を再考する~」をテーマに基調講演とパネルディスカッションが行われ、参加者約200人はダムが津軽にもたらした恩恵や、水の価値などについて理解を深めた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。