2019年度から「柴田学園高等学校」として男女共学化する弘前市の柴田女子高校(中村宏光校長)で29日、新入生用の制服がお披露目された。グレーのブレザーを着用する冬服やボタンダウンシャツの夏服などが発表され、モデルとして制服を試着した学生から「着心地がいい」「デザインがかわいい」といった声が聞かれた。
 柴田女子高校は今年3月、少子化による生徒数の減少を背景に19年度からの男女共学化を発表。6月に新校名とともに新入生用制服のデザイン画を発表していた。
 【写真説明】グレーのブレザーを着用する冬服とボタンダウンシャツの夏服がお披露目された柴田学園高校の制服

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。