プロバスケットボール・Bリーグ2部(B2)の青森ワッツには、チームの屋台骨を支える2人の弘前市出身スタッフがいる。チームマネージャー兼アシスタントコーチの竹内峻さん(27)と、通訳の森岡秀伸さん(30)だ。役割やキャリアは違えど、勝利に懸ける思いは一つ。悲願のプレーオフ進出を目指す選手たちとともに、29日からの全60試合に及ぶ2018―19レギュラーシーズンに挑む。
【写真説明】チームスタッフとしてワッツを支える竹内さん(右)と森岡さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。