環境省などがニホンジカの生息状況を把握するために実施している越冬地調査において、深浦町の横磯地域と大野平地域の野菜畑とスギ林でふんや食痕などが確認され、越冬地である可能性が高いことが分かった。越冬候補地が特定されたのは初めて。2地点は共に餌場、寝床、水飲み場の条件をそろえている場所と考えられ、今後、試験捕獲や他地域での調査にも役立てられる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。