弘前市常盤野で癒やしの家「森のイスキア」を主宰し、2016年に死去した佐藤初女さんの活動を伝える「『出会う 伝える 初女さん』展」(実行委員会と森のイスキアの共催)が27日、同市百石町の百石町展示館で始まった。写真や映像作品、佐藤さん愛用の品を紹介しており、実行委の武田和子さんは「初女先生の思い出を分かち合える場」と話す。10月1日まで。入場無料。
 会期中は「森のイスキア」を一般開放。29、30の両日の午前11時からと午後3時からは、佐藤さんゆかりの場所を巡るツアー(予約不要、参加費500円)も行われる。
【写真説明】佐藤さん愛用の品などが並ぶ会場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。