鯵ケ沢町の資料館「光信公の館」の出張展示会が27日、弘前市のヒロロ3階で始まった。弘前藩を治めた津軽氏の始祖とされる大浦光信が種里(現鯵ケ沢町)に入部した歴史的背景や、種里城跡の出土品などを展示している。30日までで、29、30日は午後1時半から、学芸員による解説会もある。入場無料。
 会場では種里城跡模型や、武具に用いられた金具などの出土品を展示。光信が入部した歴史背景、光信が建立した種里八幡宮の資料なども紹介している。時間は午前10時~午後4時。
【写真説明】種里城跡からの出土遺物や歴史背景などを紹介する展示会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。