JR弘前駅周辺のにぎわい創出、同駅を拠点とした広域観光による交流人口拡大に向け、県と弘前市、JR東日本は26日、「津軽でつながる交流都市づくり連携協定」を締結した。津軽エリアの周遊観光、観光客や地域住民が集まる同駅周辺のにぎわい創出に連携して取り組み、将来的には同駅を拠点ターミナルとして、道南地方と北東北3県という枠組みの観光圏、経済圏確立につなげる考えだ。
 この日は同市役所で締結式が行われ、三村申吾知事、櫻田宏市長、JR秋田支社の菊地正支社長が協定書に署名。三村知事は「弘前駅は奥羽本線、五能線、弘南鉄道の結節点で、津軽の各地区をつなぐ玄関口」とし、「道南、北東北3県をつなげる大きなチャンス。空路、鉄路、海路を活用した立体観光を充実させることができる」と期待を込めた。
【写真説明】JR弘前駅を拠点としたにぎわい創出、周遊観光の推進などを目的とした連携協定を締結し、握手を交わす(左から)櫻田市長、三村知事、菊地支社長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。