鶴田町が全国に先駆けて「朝ごはん条例」を定めてから今年で15年目。条例の基本方針である朝ご飯を中心とした食生活の改善、地産地消の推進などの取り組みは町内外から評価されてきた。一方で近年は、条例の目的達成の手段や評価方法を見直す時期に来ているとの指摘もあるなど、条例の実効性に疑問も多い。先進的だった条例は、岐路を迎えているようだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。