藤崎町の食産業創造拠点施設「ふじさき食彩テラス」のビュッフェレストランの累計利用者が24日、2万人を突破した。同施設によると、地場食材を使ったメニューや手頃な価格設定がリピーターを呼び込み、4月末のグランドオープンから勢いを維持しているという。同施設は「このペースで年内に3万人を達成できれば」と意気込んでいる。
 2万人目の利用者となったのは、家族5人で訪れた青森市の国家公務員福士和行さん(42)。24日は施設を運営する「ふじさきファーマーズLABO(ラボ)」の松丸良平総括店長から福士さん一家に花束が手渡されたほか、トキワ養鶏の卵1箱(40個入り)、ペア食事券、同施設オリジナルのドレッシングなどが贈られた。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。