秋季県高校野球選手権大会兼第71回秋季東北地区高校野球大会予選会は最終日の23日、はるか夢球場で3位決定戦と決勝が行われ、光星が3年ぶり16度目の優勝を果たし、弘前東は2年連続の準優勝となった。青森山田は八戸工との3位決定戦を制し、東北大会への出場権をつかんだ。
 弘前東は2点リードで迎えた九回に連打や犠飛などで光星に逆転サヨナラ負けを喫し、悲願の県タイトル獲得はならなかった。青森山田は二、四回にビッグイニングをつくり、八戸工をコールドで下した。
 東北大会の組み合わせ抽選会は10月5日に秋田市で行われ、大会は12日から同市のこまちスタジアムと、さきがけ八橋球場を会場に行われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。