弘前市常盤野で癒やしの家「森のイスキア」を主宰し、2016年2月に亡くなった佐藤初女さん(享年94)の活動を伝える「『出会う 伝える 初女さん』展」(実行委員会と森のイスキアの共催)が27日から、同市百石町の百石町展示館で開かれる。写真や造形作品、映像作品などを展示、上映するほか、佐藤さん直筆の未発表原稿も初公開する。実行委の武田和子さん(東京都)は「初女さんのストレートな言葉が多くの方々に届けられることを願っている」と話している。
 同展は10月1日まで。入場無料。会期中の午前10時~午後2時は「森のイスキア」を一般開放する。問い合わせは実行委(info@deautsutaeru.com)へ。ホームページ(https://www.deautsutaeru.com/index.html)でも詳細を閲覧できる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。