23日は秋分の日。弘前市銅屋町の最勝院(布施公彰住職)では境内の彼岸花が見頃を迎えている。22日は秋彼岸で墓参りに訪れる人が多く、鮮やかな花の色に足を止める姿も見られた。
 青森地方気象台によると、22日の県内は低気圧の影響で曇りや雨の一日となった。最高気温は弘前市22・4度、黒石市21・5度、五所川原市21・1度と、津軽地域はおおむね9月下旬から10月上旬の秋らしい気温となった。
 この時期になると毎年彼岸花が咲く同院は「ここ数年は咲き始めの時期が遅くなる傾向にあり、今年は今が見頃。彼岸中日の23日も、きれいな花を楽しんでもらえるだろう」と話した。
 【写真説明】境内を彩る鮮やかな彼岸花