国立病院機構弘前病院と弘前市立病院を統合し、新たな中核病院を整備するための協議内容が合意に至ったことを受け、同市の櫻田宏市長が21日、黒石市役所で高樋憲市長に協議内容を説明し、津軽地域保健医療圏域一体となって整備していくことに理解を求めた。
 櫻田市長は弘前市を除く同圏域7市町村の首長に直接説明することにしており、20日に田舎館村と平川市を訪れ、21日は黒石市の他に板柳町を訪れた。今後は28日に藤崎町と大鰐町、10月1日に西目屋村に説明する予定。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。