20日の自民党総裁選で安倍晋三首相が連続3選したことを受け、県民からは「地方向けの政策を充実させてほしい」「農林水産業が維持、存続できる取り組みを」などの注文が出る一方、「生活は6年前から何も変わっておらず、もう期待しない」と諦めの声も聞かれた。安倍首相が意欲を示す憲法改正について「軍事化を進めるのではないか」「国民の理解を得る努力が必要」などの懸念、要望の声が相次いだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。