青森市の県立美術館で19日、東北女子大学教授で美術家の岩井康賴さん(66)=弘前市在住=の作品を集めた企画展「円環する風景―2018 異界への旅 岩井康賴展」が始まった。会場では岩井さんの初期から現在までの40年にわたる版画や絵画、立体作品など選び抜かれた約70点が並び、独自の空間が広がる。30日まで。
 休館日は25日。時間は午前9時~午後6時で、最終日は午後4時まで。
【写真説明】絵画「円環する風景―水と墓標」(2000年作)など、岩井さん(右)の軌跡をたどる作品の数々が一堂に会した

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。